翠玉のメロディ

ドリムス。

知らんうちにドリームモーニング娘。とかいうグループができてて、かなり熱いことになってるじゃないっすか。いしよし的にも期待十分じゃないっすか。こりゃテンション上がってきた! スゴ録に単語登録じゃ!

comments (0)

trackbacks (0)

バスケがしたいです

光井愛佳の愛し方を模索中なんだけど、どうにも難しいな〜。今日のうたばんに期待してたが、大した収穫なし。つ〜か歌手と一緒に芸人呼ばなきゃ間が持たないっておかしくね? タカさんやる気なくなったよな〜。

どうやら寺の娘らしいので、そっち路線でいくか。

川*´┴`)<吉澤さん、今日の私、どうでしたでしょうか。

(0^〜^)<初めてのうたばんにしちゃよくがんばったと思うよ? ずっと笑顔だったし

川*´┴`)<でも石橋さんに一言しか振ってもらえなかった……

(0^〜^)<いや〜でも、「ヤワラちゃんに似てるよね」って言われてもリアクション取りづらいよねぇ

川*´┴`)<吉澤さん、『因果応報』という言葉をご存じですか

(0^〜^)<え?

川*´┴`)<人にしたことはいつしか自分に返ってくるんです。石橋さんもいつか「ヤワラちゃんに似てるよね」って言われる日が来ますよ

(0^〜^)<それは普通にないと思うよ

comments (0)

trackbacks (0)

よっすぃ〜すごい

よっすぃ〜すげ〜な〜。常人だったら塞ぎ込んでしまうところを、笑顔でコンサートやってのけちゃうんだもん。芸能人としての半端じゃない覚悟が感じられるよ。かっけぇ〜な〜。かっこよすぎて畏怖さえ覚える。決めた、俺、よっすぃ〜みたいな男になる!

comments (0)

trackbacks (0)

なんていうんだろうこの脱力感

吉川さんが来ると信じて疑わなかったので、なんだか力が抜けてしまった。モーニング娘。結成15周年のときには、きっとメンバー全員シャクレになっていると思うよ。

comments (0)

trackbacks (0)

小春が俄然よい

364-1-77771.png

きらレボを見てたら予想外にも妹がハマり出し、月島きらりの絵を描いていたので貼ってみる。ちょい地味きらりですな。妹は「小春声優上手くね?」と褒めている。数々のアニメを見てきた妹が言うんだから間違いない。このアニメが実際どれだけの人気があるのか知らんけれども、小春はこの線で行けば単体でも十分やっていけるな。

ハロプロが自分たちの番組でない、バラエティー番組とかに出るときはいつも二人セットとかだけど、複数人で出るとどうも借りてきた猫みたいになるきらいがある。単体で出た方がもしかしたらいい結果が出せるのかもしれない。最近いろんな番組で強烈なおバカっぷりを発揮している里田まいは、その例と言えよう。単体でいい成果が出せれば、番組制作側にしたって「ハロプロ意外に使えんじゃん」ということになり、「他のメンバーも使ってみよっか」っつ〜ことになるかもしんない。ひいてはグループ本体にも関心が向くことだろう。グループから個々を売り込むのではなく、個々からグループを売り込むのだ。これからハロプロの販売戦略はトップダウンからボトムアップへ発想の転換をするべきなのだ。

comments (0)

trackbacks (0)

なちコン@市川市文化会館

中間に入ったアコースティックライブのおかげで、メリハリが出て飽きさせることがなく、あっという間の2時間でありました。やっぱ生演奏ってええね。スペシャルな感じがするね。そう考えると昔(80年代くらいまで)はテレビの歌番組も全部生演奏でやっててスペシャルな時代だったね。

なっちは相変わらず可愛かった。四捨五入すると30歳になる年齢を8月に迎えるなっちだが、あんな可愛い25歳はいないぜ。なっち可愛い。ただ、終盤のヘソ出し衣装ではお腹のお肉がちょいとばかし……。

ゲストのいいらさんもすげぇ綺麗だった。最近テレビに姿を見せなくて久々に見た感じだが、後ろ向いたときの背中の妖艶さといったらなかったぜ。ちょうエロい。

そんな腐れ縁コンビの二人だが、大事なところでコケてしまうところが人間っぽくて大変よかった。なっちは最後の締めの言葉でトチってしまうし(他にも色々あった)、いいらさんは最後ハケるところでセットに激突しそうになるし。仕事の話になってしまうが、コンピュータばっか相手にしてると、こういう人間臭さがとっても愛おしくなるのだ。

さて、今日のハロモニはミキティガキさんシゲさんが光る素敵な回だったが、次回は、ななななんとしょこたんが出るという。こいつぁ面白くなってきやがッた……!

comments (0)

trackbacks (0)

レインボー7@SSA

コンサート中盤のMCの途中で、SSAは中東の武装テロ組織に占領され、我々は人質に捕られていました。あまりにもあっという間の出来事だったので、現実感がないのです。しかし、特攻服を着た血の気の多い若者がテロ人員に食ってかかり、あっさりと頭を打ち抜かれて脳漿を辺りにぶちまけたので、現実感がないとは言っていられない状況となりました。場内は一時騒然となりましたが、それが見せしめとなり、誰も逆らう者はいなくなりました。娘。も逃げることはせず、我々と一緒に場内に留まりました。

彼らの要求は日米安保条約の破棄、日本国内にある米軍基地を解体すること。要求が呑まれなければ、一日ごとに場内からランダムに一人選び、殺していくと言います。娘。とて例外ではありません。

緊迫した空気が流れる中、まるで場違いな明るい声でよっすぃ〜が言いました。「こんなときだけど、だからこそ生きることの喜びを讃えよう! 今日はこんこんの誕生日です。みんなでお祝いするよ!」

Happy birthday dear こんこん。1万人の大合唱が響き渡りました。囚われの身という特殊な境遇が生み出した不思議な一体感は、歌に聖なる力を加えたようです。歌を聴いた武装集団は、次々に戦意を喪失し、銃口を下へ向けました。そして、いつの間にかテロ集団も一緒に歌い出したのです。

嗚呼、なんという奇跡でしょう。一人の女の子の誕生が、1万人の命を救ったのです。我々の娘。に対する愛、そして娘。の我々に対する愛が、テロという名の暴力に勝ったのです!

……冗談はこれくらいにして、毎度のことながら今日もよっすぃ〜は最高にかっこよかったです。決めた、俺、よっすぃ〜みたいな男になる……! ジャラジャラのついたピアスはしてたんですが、ピンクではなかったと思われるので、梨華ちゃんプレゼントのそれではないと思います。ピンクの薔薇ピアスが日の目を見るのはいつの日か……。

comments (0)

trackbacks (0)

こんまこんまこんまこんまんこ

僕の中に一時代を築いたこんまこが卒業する。いや〜びっくりした。ハロプロのツアースケジュールはどうなってるのかいな、と思って公式サイト開いたらこの報せときたもんだ。しかも、二人ともしばらく芸能活動を行わない気配なので、テレビやコンサで姿を見られなくなるんだと思うと、ひどく切ない。いるのが当たり前と思ってた人が、夏にはもういなくなってしまうなんて、寂しいネ。特に二人は娘。の中でとても心地いい和みムードを発していただけにネ。

また短絡的にいしよしに結びつけてみるとして、もしいしよしが18歳前後のときに、同時に卒業してしばらく芸能活動しません、なんてことになってたら、僕はたぶん塞ぎ込んで就職してなかったと思う。朝な夕ないしよしファイルを再生することに身を投じ、さめざめと泣くでしょう。いしよし小説を読んで名場面に一瞬顔をほころばせるも、またすぐ押し寄せてくる寂寥感にむせび泣くでしょう。

comments (0)

trackbacks (0)

4月12日です

よっすぃ〜21歳。ベーグルとゆでたまごはやっぱり好きでいますか。

comments (0)

trackbacks (0)

ガラスの仮面の音楽は寺嶋民哉だよ

ハロプロアワー(GyaOのやつ)が存外に丁寧な作り、かつ面白い内容だったので、おぢさん大変上機嫌ぞよ、ホホホ。しっかし愛殿の破天荒ぶりはもはや天才の域ですな。普通に会話してるのに、いつの間にか相手を不機嫌にさせてしまうってのは、ある意味特殊能力ですよ。アビリティですよ。相手がちょっと暗い子だったら、確実に復讐ノートに名前を書かれてますよ。

そんな愛キュンもさることながら、めーぐるの実に普通の女の子然とした感じに、おぢさん久しぶりに気分が若返ったよ。中学校の教室の風景が眼前に広がったよ。いいね、めーぐるいいね。ちょっとエスパー伊東に似てるけどいいね。目がキラキラしてるね。

アコースティックライブもええですな。そう、電子音ばかり聞いてたら脳が疲れるんですよ。たまには、いや、しょっちゅう生きた木の震えに触れなくちゃ人間は心が腐っていくんですよ。そう、モリハアタタカーイんですよ。

なっちは本当にいつまでも可愛いままのなっちですな。おそらく三十路になってもなっち、おばあちゃんになってもなっちなのでしょう。そしてそれはいつまでもみんなから愛されるなっちなのでしょう。

曲が売れて派手な番組にたくさん出るのも当然嬉しいけど、こんな風に地味だけど純粋にファン向けな番組を通して、ファンからいつまでも愛されるモーニング娘。を見ていくのもいいな、と思わされる内容でした。

comments (0)

trackbacks (0)

“喫煙者”加護ちん

このことを知った僕は、職場の休憩室にもかかわらず、ひとすじの涙を頬に感じた。あまりにも大きな孤独を、君は背負っていたね。そして君は、負けてしまった。

********

加護ちんの孤独は前々から感じていたことですが、決定的だと思ったのは、電話先で加護ちんのお母さんが泣きじゃくるという話を聞いてからです。加護ちんはそれを必死でなだめるという。そんな加護ちんを見て「偉い」という感想を持つ人もいるでしょうが、僕はそう思う人の気が知れない。僕はただただ可哀想で仕方がなくなるのです。

親子の立場が逆転するのはとても危険なことです。子供に大きな孤独を一生背負わせることになりかねない。愛してくれたはずの親に、愛を与えなければならなくなった子の寂しさ、想像するだに胸が苦しくなります。

comments (2)

trackbacks (0)

フットサルがなかなか去らない

モーニング娘。は相変わらず最高に面白いんだけれども、最近自分の中で何か煮え切らない感情が支配するこの現状。なんてヒップホップ的な韻を踏んでいる場合ではなく、娘。が芸能界的に相手にされなくなってきてるのを痛いほど感じるのだ。それは具体例を挙げるまでもなく、娘。のテレビ露出が極端に減っていることからも明らかなのだが、なあ、娘。さんたちよ、そろそろフットサルはもういいんじゃないか。フットサルをやったってせいぜいCSでしか放映されないし、セールスに結びつかないのはもうわかったことだし、何よりアンタら本気すぎてアタイちょっとついていけない。継続は力なりってことで、百歩譲ってフットサルをこのままやり続けるにしても、アイドル同士で戦って何が楽しいの。アイドルが一般の強豪チームと戦うっていうのの方が面白いじゃん。この前のバレーみたいに、ハロモニの一企画ぐらいのスタンスの方が、見ている方としては娯楽性があっていいんだよ。

娘。自身が楽しむのを見て、一緒に楽しくなれる、それがモーニング娘。だったじゃないか。それがあんなマジ顔でスポーツをやられちゃ、こっちは「それよりももっとやるべきことがあるんじゃねぇの」と思ってしまう。「やるべきこと」ってのはやっぱり歌だったり、踊りだったり、演技だったりするわけだけれども、フットサルをやっている子たちのそういったパフォーマンスを見て、「おっ、フットサルが活かされてるねぇ」という感想はどうしたって持ちにくいし、実際サッカーの技術と歌手の技術が同じベクトルにあるとは思えない。

要は「本分を忘れるな」ということを言いたいのだ。君たちが輝くべきはフィールドの上ではない。ステージの上だ。そして実際、君たちはフィールドの上よりもステージの上で輝く。息抜きにスポーツをやるのはいい、しかしマジになってはダメだ。

ということで、個人的に娘。には音楽性の向上、ひいてはセールスの向上に繋がると思われる、ブラスバンドをクラブ活動としてやっていただきたい。そう、スイングガールズみたく。軽音部でもいいし、踊りをやりたい子は創作ダンス部でもいいよ。とにかく、フットサルをやる娘。を見るのはいい加減飽きたし、それをやってたってアイドル歌手集団モーニング娘。としては実りがないよ、ということを言いたい。僕にとっては「アイドルの中でフットサル一位になりました」って言われても「へぇ」としか言いようがなく、「で、それをやって歌や踊りは上手くなったの?」と問いたくなる。「トランペットをやったおかげで腹式呼吸が本当の意味で身に付きました」とか、「ブラバンを切っ掛けにクラシックやジャズを聞くようになりました」などの声が上がった方が、僕は嬉しいし、きっと娘。全体のパフォーマンスにも良い影響を与えるものだと信じる。

comments (0)

trackbacks (0)

文化祭2005最終日

意気込みすぎて始発で行ったら、雨が容赦なく降りしきるなか三時間立ちんぼで待ち続ける結果となり、体力を激しく消耗した私は、一回目の公演が終わった後DVDなどを一通り買うと早々に帰途へ就いた。疲労もあったが、イシヨシスティックな素敵サムシングが起こる気配が感じられなかったことが、私を「早くおうちに帰りたいよママン病」に至らしめた原因だ。要するにわたくし的に大変つまらなかったのだが、向こう側にも「お客さんを楽しませよう」という、エンターテイナーとして当然あるべき姿勢を、「エコロジー」への過剰な意識で失ってしまっていたきらいがある。

劇セリフ長すぎ。立ったまま寝てしまったよ。よっすぃ〜に怒られるのも悪い気はしないが、生来のひねくれ気質である私は、「人間はエコを実践するよりもまず戦争をやめるべきなんじゃねぇの」やら、「最近よく耳にする『劣化ウラン弾』って言っちゃえば立派な核兵器だからね」ときて、「二酸化炭素より最大最悪の公害、放射能をなんとかしようぜ」などと思ってしまうのだ。しかし娘。は反戦を訴えたりはしないだろう。なぜなら反戦運動を起こしてもじぇににならないからだ。エコを訴えればエコグッズやエコカーが売れてじぇにになる。反戦を訴えても誰も儲からない。正義を声高に叫んでいるようで、結局は金なのだと思うと悲しくなる。

クイズはもう疲れて眠くてなにやってたのか正直あまり覚えてないが、加護ちんがもう本当にぽにゃぽにゃしてて大変可愛らしく、一家にひとり加護ちんを持つことは近い将来必須事項になることは間違いない。3チームが同点になり、優勝をジャンケンで決めることになったのだが、加護ちん、辻ちゃん、クリトリスいじりがやめられない子(りーちゃん)が対戦するという、ありそでなさそな運びとなった。その傍らで我が子の姿を見守るよっすぃ〜がとてもにこやかで、それまで見せなかった表情であったので、やあ、よっすぃ〜はチビたちが本当に好きなのだなあ、と思った。四期愛は当然のように健在である!

と、これらを3列目のど真ん中で見ていたのだが、距離で言うとわりばしゴム鉄砲で十分娘。を狙える位置だった。印象的だったのは紺野さんのルーズ姿であり、これはもう超絶なエロさであった。危うく勃起したチンを前の人のアナルにインしてしまうところだった。あと石川さんは息を飲むような綺麗さであり、ウンコしないことを再確認。隣のバカが『推しジャンプ』なるものをし、私の足をガッツリ踏んでも気にならないほどにウットリするのであった。こりゃよっすぃ〜も惚れるわけだ。

『推しジャンプ』をして人の足を踏むバカもさることながら、ヲタどもは相変わらずエゴ丸出しだった。エコイベントでエゴ全開という、シャレにしてもあまりうまくない、非常に残念なことだ。タペストリーを人の目の前で掲げて推しであることをアピールしたり、推しメンの名前を変な抑揚で叫んだり。好意の表現方法にヲタ内独自の文化を持つのはいいが、もっと高尚なものにならないか。

comments (0)

trackbacks (0)

次回の女王の教室が楽しみすぎる

石村舞波が芸能活動を辞めるとのこと。舞波に関して特に思い入れがあるわけではないので、「みなさんのおかげでした」でヲタの物まねをしてる芸人のような状態に陥るでもなく受け止めている。しかしこういうときいつも思うのは、なぜ本人の口から辞意の表明がないのか、ということだ。公式サイトのトップにポコッと事実だけ載っけられてハイ終わり、じゃどうも釈然としない感じばかりが残る。どういう経緯があったのか本人の口から語られないと、どうでもいい憶測ばかりが飛び交うだけで、いまいちすっきりしない。ファンの私たちに詳しく経緯を知らせるのは、本人、本人が無理なら最悪事務所の義務ではなかろうか。例え美化されたり、嘘ばっかりな内容でもいい、ちゃんと知らせてくれないと、ファンとしては突き放されたような寂しさを覚える。もっと行くと、事務所とファンとの信頼関係の亀裂にまで発展しかねない。

ハロプロノートがここにある。舞波の習字のページを開くと、「希望」とあった。「なにごとも希望を持ってやることから、この言葉にし」たそうである。舞波にとってBerryz工房は、ハロプロは、希望ではなくなったということか。次の希望は「学業に専念すること」なのか。んなわきゃね〜!

comments (0)

trackbacks (0)

夏ハロー2日目夜

夏休み明けからなんだこのクソ忙しさは! ってなわけで、昨日おとといと行った夏ハローをふとしたときに思い返し思い返ししながら、それを糧にこの多忙と灼熱の中を生きていこうと思っている次第ですけども、真っ先に思い返されるのは絵里のむっちり太ももちゃんです。あれほどあからさまに「触って触って☆」と書いてある太ももは他にない。あんまり触って欲しそうだったからボク妄想の中で触っちゃいました! たはっ☆(和美@「女王の教室」)

他にもまたちょっとでっかくなったよっすぃ〜(きっと合宿でついた筋肉だね☆)の切れ味抜群ダンスや、ぽにゃんぽにゃんとした加護ちんの可愛さなど、みどころ満載のコンサートでしが、それだけでは終わらない! おうちに帰るまでがハロコン……否! おうちに帰ってもなおハロコンは続いているのです! そう! DVDマガジンの面白さと言ったらない! まーさが、まーさが壊れちょる!

comments (0)

trackbacks (0)

忘れてた

下に加えて、ダブルユーが歌ってるとき、傍らの雛壇で座って見ているよっすぃ〜の表情がとても優しかったのが印象的だった。あれはまさに子を見守る親の眼差し。嗚呼、四期愛はかくも素晴らしい……!

comments (0)

trackbacks (0)

夏ハロー@代々木一日目

夜公演行ってきた。最後の曲で四期が肩を組んで顔を寄せ合うんだが、超鳥肌立った。四期愛は素晴らしいのぉ。あと箇条書きで感想。

・美勇伝エッロ。

・ごっちんはやっぱ他のメンバーとは一線を画す力強いオーラがあるな。

・あややは一音一音を大切に歌う。

・みうなの動きが激しかった。今日はきっとるんるんだったんだ。

・絵里が全然目立ってない。

・エッグの中に逸材がいるぞ。

・「プリプリピンクでした〜」って言われたらこっちが恥ずかしくなる。

・過去曲も含めてベリーズの曲に対する気合いの入れ方が違う気がする。つんく、あんたやっぱり生粋のロリコンだよ!

・LOVEマシーンはさすがに今さら感が拭えない。

・みんな同じ髪の色だと誰が誰だかわからないから20〜30色ぐらいに分けてくれ。ウソだけど☆

・堀北真希はガキさんに似てる。←関係ない

・夏帆可愛い。←もっと関係ない

comments (0)

trackbacks (0)

Q&A

吉澤:今年はお花見は行きましたか?
あなたにはいるけど、僕には誘ってくれる人がいないからねぇ……。

高橋:娘。の曲の中で何が好きですか?
つんくの書く曲なんざ揃いも揃ってみんなクソだっ!(Except for "HAPPY NIGHT" "ミラコー" "がんばっちゃえ!" "大阪 恋の歌")

紺野:紺野の長所、短所は何だと思いますか?
長所はその愛くるしいほっぺ。短所はおっぱいの出し惜しみをしているところ。
 
小川:私のチャームポイントって何ですかね?
リーダーシップを取ろうとして張り切るけど、逆にいいように利用されちゃってることに気付かないところ。

新垣:コンサートの時に私に向かってボードを出してくれたりするのが見えて「あ〜!」って私も手を振ったり「マユゲビーム」したりするのは見えてますか?
そんなみっともないこと僕はしません。つーかボード厨イクナイ!

藤本:ヒマな時はヒマつぶしに何をしてるんですか?
玉袋をいじりながら、あなたがたの映像を見つつニヤニヤしてます。

亀井:絵里って最近幸うすそうに見えませんよね?
絵里よ、君は質問の仕方というものを全くわきまえていないね。「よね?」という訊き方は君が期待する返事を相手に強制しているのと同じだ。それに僕らへの質問の場なのに自分のことを訊いてどうする。これじゃあ僕らのことを君たちに知ってもらうことができないではないか。さあ絵里、どういう質問がこの場に相応しいか、少し考えてみなさい。

道重:すごく悲しくて涙が出そうな時、どうやってがまんしてますか?
「この悲しい状況にいるのは僕じゃない、他の人間だ」と思いこみます。

田中:コンサートでいつもれいなのこと見てくれていますか?れいなは皆さんの事見えてますよ☆
イヤン☆ そんなこと言われたられいなのこと恥ずかしくて見られなくなっちゃうじゃない☆

comments (0)

trackbacks (0)

Calendar
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
Categories
New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other